カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

DIMOND Technology

THE FASTEST TRIATHLON BIKE IN THE WORLD

DIMOND'S ORIGIN

現役プロ選手が手掛けるブランドだからできること

プロトライアスリートになる以前、産業エンジニアとして勤務していた経験を持つOG Dimond Bikes創業者・オーナー/Ruster Sports社CEO、TJトラクソン。全てのことはデータに基づき決定し、そのデータを導き出すためのテストには時間を惜しまない。このブランドの強みはTJ自身が現役プロアスリートであり、エンジニアであり、ビジネスオーナーであること。製品のエアロダイナミクス性能を一番に重視し、トライアスロン、特にノンドラフティングレースであるIRONMANでの「より速く」を追求する。

TJ TOLLAKSON - Founder & CEO

TJ トラクソン – 創業者&CEO

1980年8月12日生まれ、米国アイオア州Des Moines在住、二児の父。2001年よりレースを始め、2011年IMレイクプラシッドでZipp 2001に改良を加えたバイクで初優勝。その年の夏、Dimond Bikesを創業する。2014年3月、製品が市場に出荷され始め、TJ自身もIMモントレブラン北米選手権で自社製品に乗って優勝(ラン、バイク共にコースレコード)。同年10月Dimond Bikesの製品がKONAへの初進出を果たす。IRONMAN表彰台経験10回、自己ベストはIMアリゾナでの8:04:17。

PROTOTYPE

プロトタイプ

スーパーバイクのリノベーションは、最初のプロトタイプの完成までには長い歳月を要しました。しかし、ダイヤモンドの原石となるそのデザインは幾度となく磨き上げられ、同時に、今では「ダイヤモンド鉱山」と呼ばれる最新鋭の自社カーボン製造設備を立ち上げました。そして2013年11月、ついに彼らは空洞実験のデータを基にオリジナルのスーパーバイクを世に送り出したのです。

Dimond Bikesのイノベーションは留まるとこを知りません。世界最速のトライアスロンバイクとして業界を君臨。ハワイ島カイルア・コナで行われるIRONMANワールドチャンピオンシップのバイクカウントにおいて、年々順位を上げております。アマチュアからトッププロまで、多くのトライアスリートがわずか一度の試乗でダイヤモンドバイクの力に魅了されています。

IT TAKES HEAT, PRESSURE, AND CARBON TO MAKE A DIAMOND GEMSTONE

ダイヤモンドの原石は、炭素に熱と圧力を加えることにより誕生します

Dimond Bikesではすべてのフレームが手作りで製造されています。とても時間がかかり、資金も忍耐も必要ですが、優れた才能と情熱を持った仲間が毎日切磋琢磨することで生み出される丹念な仕事の結晶は、革新的なプロダクトとして結果に表れています。

スピードスペシャリスト、エンジニア、プロダクションチーム等からなるDimond Bikesに関わる全てのスタッフは、まるで「一つ屋根の下で暮らすダイヤモンド炭鉱夫」として家族のように親密で、Dimond Bikesのすべてに対し豊富な知識を共有しています。その結果として、最良のカスタマーサービス、製品情報、そして非の打ちどころなく輝いたバイクを提供いたします。

ダイヤモンドの原石同様に、Dimond Bikesも炭素繊維(カーボン)に熱と圧力を加えて誕生します。物質的な類似点は二つですが、もう一つ確かなことがあります。それは、ダイヤモンド・バイクに乗ったあなた自身もダイヤモンドの下で光り輝くということです。

LUNCH BOX

通常のストレージの約3倍の大きさのランチボックスは、レース中の補給食を入れるのに十分な大きさがあります。ステムの後方のビーム部分に巧みに組み込まれたLUNCH BOXです。容量は約700 mL。

TOTES

TOTESは、パンク修理キットおよびマルチツール保管用に特別に設計されました。このコンパートメントはBBクラスターの上にあります。TOTESは空力性能を向上させ、長いトレーニングやレースの日の予想外のパンク修理をするのに役立ちます。

DISC BRAKES

ディスクブレーキの力でより早く、より安全に乗ることができます。強力で信頼性の高いキャリパーは、ハブに取り付けられた金属ローターを捉え、最悪の状況でも自転車を制御および停止します。正確なハンドリングにより、トレーニングライドやレースの安全性が向上します。ホイールはブレーキトラックによって自由になり、ホイールとタイヤのインターフェイスはリムブレーキよりも空気力学的に向上します。スルーアクスルテクノロジーは、一般的なクイックリリースから頑丈な12mmボルトに置き換えます。スルーアクスルはホイールをフレームにしっかりと固定し、ホイールの位置合わせを容易にします。また、横方向の剛性が大幅に向上し、より多くのペダリング力を前進運動に変換することでペダリング効率が向上します。