カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

Previous slide
Next slide

SQlab について

SQlab(エスキューラブ)の名前は古代ギリシャ神話に登場するアスクレピオス(ドイツ語:アスクーラップ)=医術を司る癒しの神=に由来します。アスクレピオスがその手に持つ「蛇が絡んだ杖」は、やがて医療のシンボルとなり、今日でも多くの医療・製薬関連機関で目にすることがあるでしょう。

このシンボルマークをロゴに取り入れたSQlabは、2003年よりドイツ・ミュンヘンを拠点とし、医療専門家と共にサイクリングにおける人間工学とライダーの健康を強く意識した製品開発を続けています。

SQlabの製品はバイクの3つの接点(手・骨盤・足)に特化しています。バイクのサドルは、男性と女性の両方の解剖学的構造にフィットするだけでなく、医学的な観点から体重を正しく分散させなければなりません。グリップは、指のしびれを防ぎ、簡単で確実に組み立てられ、手にフィットするものでなければなりません。特にサドルと、完璧なサドル幅を決定するフィッティングプロセスは、バイク雑誌のテストで最も成功したサドルメーカーとなっています。

サドル、グリップ、ハンドルバー、ステムなど、人間工学に基づいたバイクパーツ・アクセサリーのエキスパート、それがSQlabなのです。

ライダー紹介

Fabio Wibmer 

Fabio Wibmer

ファビオ・ヴィブマー

オーストリア出身のストリートトライアル・MTBプロライダー。 ダニー・マカスキルのビデオに匹敵するオンライン・ストリートトライアル・ビデオで最もよく知られており、レッドブル主催の2016年のマウンテンバイク・ダウンヒル選手権で優勝。

2008年に作成された彼のYouTubeチャンネルは、現在600万人以上のチャンネル登録者と10億回の視聴回数を獲得しています。 

ライダー紹介

テクノロジー

エスキューラブの骨盤とサドルのイメージ画像

テクノロジー

ERGONOMICS

人間工学に基づいた製品開発

1992年、創業者のトビアス・ヒルドはドイツ・ミュンヘンにてAmazing Toysというブランド名称のもとでMTB用パーツの販売を開始しました。当時、ヒルドはモトクロッサーを駆り、MTBでダウンヒルにも熱中。しかし、不運にも大きな事故に遭遇。回復後もライド中にしびれを感じる後遺症を負いました。
 
この怪我をきっかけに人間工学への興味が湧いたヒルドは、自転車に精通している泌尿器科医でありスポーツ医学エキスパートのステファン・シュタウト医学博士と出会います。彼にそのしびれについて相談することで解剖学の詳細知識に触れ、自身が抱えるような問題を解決する製品が市場には必要であることを確信。現在の製品開発への糸口となりました。(つづく)
 

SQlab 製品カタログ

SQlab [2023年]のデジタルカタログを公開しました。下記より閲覧ください。

SQlab テストサドル設置店

SQlab では個人によって異なる座骨間隔を計測し、客観的データに基づいたサドル選びをご提案いたします。SQlab方式の座骨間隔計測が可能で、テストサドルの設置がある販売店をご紹介します!リストは随時更新していきます。

お取扱い店舗検索

お取扱い店舗検索サービスから、ご希望の地域にあるお取扱い店舗の名前、
地図、電話番号などをご確認いただけます。

ブランドニュース