カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

カート (0) 閉じる

カートに商品がありません。

KESSLER Technology

”Tech top features & insider” information

Kessler Shape Technology

ケスラーシェイプテクノロジー(KST)とは、クロソイド曲線の幾何学的な公式に基づき導き出されたサイドカットとベースラインのダイナミックな相互作用のことです。
KSTは、ゲレンデではロッカーボードのような楽しさと安全性を提供し、アイスバーンではキャンバーボードのグリップ力と安定性をもたらし、そのどちらも高い次元で両立させることを可能にします。
フラット時にはベースラインが緩やかなロッカー形状に変化し、ノーズとテールがわずかに上昇することで接雪点が内側に移動します。ノーズ・テールのワイドポイントが浮き上がることで高い操作性を実現します。
また、ボードを傾けてエッジングをすると、サイドカットとロッカーラインの相互作用により、雪との接触面積が増え、ライダーは意識した半径を選択することができます。これにより、クロソイドシェイプの力が最大限に発揮され、アイシーなコンディションや高速走行時にも完全にコントロールされたカービング能力と高いグリップ力を得ることができます。
KSTの洗練されたサイドカーブとキャンバーラインの相互作用こそが、ケスラーの輝かしい成績を支え、スノーボード界に革命を起こしているのです。

KSTはあらゆるレベルのライダーへ、ワールドクラスのパフォーマンスとイージーハンドリングを同時に提供します。

Outline Kessler Shape Technolog<ClothoidShape>

クロソイド曲線を用いた特殊なアウトラインを持つケスラースノーボードは、ターンで無限の半径を適用することを可能にし、ターンを簡単にすることができます。
a)スノーボードを傾けると接雪点が前後に移動し、接雪面が大きくなり、非常に高いコントロール性とグリップ力を発揮します。それと同時に、最も小さいサイドカット半径が作用します。スノーボードの傾ける角度によって、タイトなターンからワイドなスイングまで、どのようなスピードでもターン弧をコントロールしてターンすることができます。
*KST = ワールドクラスのパフォーマンス

BaseLine Kessler Shape Technology

クロソイド曲線を用いた特殊なベースラインを持つケスラースノーボードは、プレッシャーがかかると接雪点がボードの中央に移動し、ノーズとテールがわずかに上昇します。その結果、ターンの始動が容易になり、エッジチェンジも容易になり、安定性が増し、安全でキャッチフリーな滑走が可能になります。

b)赤のラインは接雪面を示し、従来のスノーボードよりも短くなっています。そのため、スノーボードは非常に取り回しやすくなっています。同時に、スノーボードのノーズとテールの小さい攻撃的なサイドカット半径は取り除かれており、これによりスノーボードが引っかかることはありません。
*KST = イージー・ハンドリング

クロソイド曲線

ゲレンデのピステバーンや競技バーンのレースコースなどで、ターンとターンを滑らかにつなぐためにサイドカーブとベースラインに用いられる曲線をいう。ケスラーボードは、ボードセンターからノーズテールに向かって徐々に弧を小さく、複数の弧をつなぐ。ターンの導入時のショックを和らげ、ボードの切替を容易にしターンのつなぎを滑らかにして、ターン弧を変化させることを容易にする。ライダーの負担を軽減し、ボードの不安定な挙動を低減する効果がある。

Material

ケスラー製品のすべてのコンポーネントは高品質です。その中でも最も一般的に使用されている構成材の一つが、アルミ合金のチタナールです。Kesslerは他のスノーボードメーカーが使用し始めるずっと前の1994年からチタナールを製品に使用しています。チタナールは今ではすべてのスノーボードメーカーがワールドカップで使用するボードの標準素材となっています。チタナールが持つ一方向への均一な質性は、安定性と究極の滑らかさを保証し、ケスラー製品が持つ特別なアイスグリップを生み出します。